唐紅色のクルメツツジ満開 −紅ツツジ緑競り合う庭制す−|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座
季節の話題

「生命と微量元素」講座

唐紅色のクルメツツジ満開 −紅ツツジ緑競り合う庭制す− 2017年4月20日〜

クルメツツジ
江戸時代の天保年間(1830〜43年)、福岡県久留米の有馬藩士・坂本元蔵がキリシマツツジを実生して多数の品種を作ったことから、久留米市周辺で品種改良が進み,多くの園芸品種が作出された。現在300品種以上あり、これらを総称してクルメツツジという。とくに赤の濃いものを指してキリシマツツジともいう。(窓越しの撮影)

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

満開のクルメツツジ

PageTop