パークシテイ&スノーバード|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座
海外滞在記

「生命と微量元素」講座

米国最大のスキーリゾート: パークシテイ ParkCity & スノーバード SnowBird
▼ パークシティ  Park City
米国ユタ州のパークシティエリアは、州都ソルトレイクシティの東側にそびえるワサッチ山脈( ロッキー山脈の一部) が太平洋からの湿気とグレートソルトレイク(湖)からの湿気を直接受け留めるために、年間平均降雪量が10m〜15mというスキーエリアとしては世界トップクラスの降雪量をもつ豪雪地帯である。
かっては銀鉱の町として栄えたが、1962年に閉山。2002年には冬季オリンピックの開催地となり、また毎年サンダンス映画祭が開かれる事で有名となり、今やアメリカでもっとも大きなスキーリゾートの拠点(国際スキー場)となっている。
メインストリートにはアートギャラリーやアウトドアショップ、さまざまな料理を提供するレストランも多く、ビクトリア調の建物やウエスタン風の趣のある酒場が建ち並んでいる。

パークシテイ

パークシテイ

パークシテイ

▼ スノーバード  Snow Bird
スノーバードは、パークシティから車で約1時間の所にあり、標高は2000~3000mで、グレートソルトレイク(湖)からの雲が流れ込みやすく、年間積雪20mというエリアトップの積雪量を誇る。
雄大な山岳風景と豊かな自然に恵まれた場所で、北米屈指の " スキーリゾート" として知られ、その雪質は“地上最高の雪”といわれている。

スノーバード

スノーバード

スノーバード

スノーバード

PageTop