学会関係|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

学会関係

詳細はギャラリーの国際会議、国際学術協力、長期海外出張、海外滞在記、その他国際交流、国内会議などに掲載

国際会議

第2回ANAIC国際会議(マレーシア)

左から Lukevics 教授(ソ連邦・モスクワ大) Petrosyan 教授(ソ連邦・モスクワ大) Haiduc 教授(ルーマニア・バベスボリアイ大)、Kumar Das 教授(大会会長:マレーシア・マラヤ大)、Arakawa(日本)、Harrison 教授(英国・ノッテインガム大)らと

第2回ANAIC国際会議(マレーシア)

第2回ANAIC国際会議(マレーシア)

「典型元素の材料科学ならびに環境化学」国際会議(マレーシア)

ブリュッセル自由大学

ブリュッセル自由大学

「NATO最先端研究」国際会議 特別招待講演
(ベルギー)
Narayanan博士(米国立がん研・制がん部部長)、Berbieri教授(イタリア・パレルモ大)(各々の講演で、小生の研究を絶賛いただく)

ベルギー国際会議

ベルギー国際会議

「NATO最先端研究」国際会議(ベルギー)・会長招宴:フランス料理フルコース

ベルギー国際会議

ベルギー国際会議

Petrosyan教授(ロシア・モスクワ大)と
Smith博士(英国・国際スズ研究協会)と

「スズと悪性腫瘍細胞増殖に関する国際会議(イタリア)

「スズと悪性腫瘍細胞増殖に関する国際会議(イタリア)

「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際会議  特別招待講演(イタリア)

イタリア国際会議

イタリア国際会議

座長:Tagliavini 教授(イタリア・パドア大)、
Sherman 教授(米国スクラントン大)
Cardarelli 教授(米国アクロン大)

イタリア国際会議

イタリア国際会議

Gielen 教授(ベルギー・ブリュッセル大)
Poller 教授(英国・王立大・ケンシントン)
Zuckerman 教授(米国・オクラホマ大)
Ascher 教授(イスラエル)

イタリア国際会議

イタリア国際会議

イタリア国際会議

Ascher教授(イスラエル)と
Huber教授(独・ドルトムント大)
Ascher教授(イスラエル)と
Berbieri教授(伊・パレルモ大)

イタリア国際会議

イタリア国際会議

イタリア国際会議

Tagliavini教授(イタリア・パドア大)、 Mehrotra教授(インド・ラジャスタン大)、Zuckerman教授(米国・オクラホマ大)、Onyszchuk教授(カナダ・マックギル大)
Tagliavini 教授(大会会長:イタリア・パドア大)、Ascher教授 
Gielen教授(ベルギー・ブリュッセル大)

ラトビアー1

ラトビアー2

「第14族元素の有機金属化学」国際会議
バルト海沿岸のホテルで晩餐会 (左端:大会長 Lukevics モスクワ大教授)

Chen 教授(大会会長)&招待講演者らと: 

招待講演者Taton 教授(ポーランド)と

「微量元素と食物連鎖」国際会議(中国)
Yifeng Chen 教授(大会会長)および招待講演者:Bratter 教授(ドイツ)、Taton 教授(ポーランド)らと
連日テレビが入る。特別講演だけでなく、座長、運営委員と4日間、連日ステージ上に座らされることになった。

112回有機スズ環境計画世界会議

第12回有機スズ環境計画世界会議

有機スズ環境計画(ORTEP)世界会議  特別招待講演  

スクラントン大学(ペンシルバニア)への招待

スクラントン大学(ペンシルバニア)への招待

「スズと悪性腫瘍細胞増殖」国際会議(米国)
Sherman 教授、Midori Rynn 教授(スクラントン大)空港まで送迎いただく

スクラントン大学(ペンシルバニア)への招待

スクラントン大学(ペンシルバニア)への招待

スクラントン大学 迎賓室
Panuska 学長と

スクラントン大学への招待

スクラントン大学への招待

スクラントン大学迎賓館
Midori Rynn 教授(スクラントン大)

スクラントン大学への招待

スクラントン大学への招待

学部長宅にて歓迎会

第4回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

第4回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

第4回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

Zucherman 教授(米国・オクラホマ大)、Hennighausen 教授(ドイツ・ウイルヘルム・ピーク大)、
Poller 教授(英国・王立大・ケンシントン)、Sherman 教授、Midori Rynn 教授(スクラントン大)と

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

「スズと悪性腫瘍細胞増殖」国際会議(米国):コーヒーブレイクは湖畔に出てミキサー
Kalafut 教授(米国・スクラントン大)、Dragutan 教授(ルーマニア・ブカレスト大)

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

Brinckman 博士(米国・商務省標準局NBS部長)、Dragutan 教授(ルーマニア・ブカレスト大)、Cardarelli 教授(米国・アクロン大)、Penninks 博士(オランダ)
Cardarelli 教授(米国・アクロン大)、Penninks 博士(オランダ・国立医薬研)、King 教授(米国・ドリュー大)
Mehrotra 教授(インド・ラジャスタン大)、Sherman 教授(米国・スクラントン大)、Gielen 教授(ベルギー・ブリュッセル大)、Penninks 博士(オランダ・国立医薬研)

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

第2回「スズと悪性腫瘍細胞増殖」に関する国際シンポジウム(米国)

Sherman教授(米国・スクラントン大)、Dragutan教授(ルーマニア・ブカレスト大)
Gielen教授(ベルギー・ブリュッセル大)、Sherman教授(米国・スクラントン大)、Berbieri教授(イタリア・パレルモ大)
Berbieri教授(イタリア・パレルモ大)、Penninks博士(オランダ・国立医薬研)

スクラントン大学への招待

スクラントン大学への招待

スクラントン大学への招待

Zucherman 教授
(米国・オクラホマ大)
Zucherman 教授
(米国・オクラホマ大)
Cardarelli 教授
(米国・アクロン大)

スクラントン大学への招待

スクラントン大学への招待

スクラントン大学への招待

Asher 教授
(イスラエル大)
King 教授
(米国・ドリュー大)
Thoman 教授
(米国・オースチン大)

第2回 「スズと悪性細胞増殖」国際会議

第2回 「スズと悪性細胞増殖」国際会議

Kalafut 教授
(米国・スクラントン大)
Thoman 教授
(米国・オースチン大)

イタリア国際会議

イタリア国際会議

イタリア国際会議

Berbieri 教授&夫人
(イタリア・パレルモ大)と
Berbieri 教授&夫人
(イタリア・パレルモ大)と
Onyszchuk 教授&夫人
(カナダ・マックギル大)
「第14族元素有機金属の生物活性と配位化学」国際会議(イタリア)

イタリア国際会議

イタリア国際会議

イタリア国際会議

Davies 教授
(英国・ロンドン大)と
Penninks 博士
(オランダ・国立医薬研)と
Gielen 教授
(ベルギー・ブリュッセル大)と

イタリア・パドア大学への招待

イタリア・パドア大学への招待

イタリア・パドア大学への招待

イタリア・パドア大学(バイオロジー分野)の教授らと

中華民国(台湾)行政院衛生署 許書刀長官と

中華民国(台湾)行政院衛生署 許書刀長官と

中華民国台湾行政院衛生署 許 書刀 長官と

台湾への招聘

台湾への招聘

「PCB中毒(油症)事件解決」のため台湾政府より招聘: 張耀雄・政府衛生局長より感謝状

米国商務省にて招待講演

米国商務省にて招待講演

米国商務省にて招待講演

米国商務省にて招待講演

米国商務省標準局にて講演

米国ロックフェラー大学にて講演

米国ロックフェラー大学にて講演

米国ロックフェラー大学にて講演

米国ユタ大学医学部時代

米国ユタ大学医学部時代

米国リノ大学への招待

ネバダ大学への招待
米国ネバダ大学(リノ)学長から招待される: 学長夫妻と食事 リノの夜を満喫

マレーシア国王招待の晩餐会

マレーシア国王招待の晩餐会

マレーシア国王招待の晩餐会

国際会議(マレーシア)国王招宴

国際会議(マレーシア)国王招宴

マレーシア国王招宴
(後方白髪:H.C.Brown ノーベル化学受賞者)
マレーシア国王夫妻

マレーシア国王招待

マレーシア国王招待

国際会議(マレーシア)エクスカーション:ゴムの木からの樹液採取現場見学
Lappert教授
(英国・サセックス大)夫妻と 
Marton教授(イタリア・パドア大)、Tagliavini 教授(イタリア・パドア大)

マレーシア国王招待

マレーシア国王招待

Lappert教授(英国・サセックス大)、Marton教授(イタリア・パドア大)、Tagliavini 教授(イタリア・パドア大)
Marton教授(イタリア・パドア大)

国内会議

モスクワ大学教授ら研究室に逗留

モスクワ大学教授ら研究室に逗留

モスクワ大学教授ら研究室に逗留

モスクワ大学教授ら研究室に逗留

モスクワ大学教授ら研究室に逗留

モスクワ大学教授ら研究室に逗留

モスクワ大学教授(Petrosyan 教授、Lukevics 教授)ら研究室に逗留

Andre Penninks(オランダ)と15年ぶりの再会!!

Andre Penninks(オランダ)と15年ぶりの再会!!

種々の国際会議で切磋琢磨したAndre Penninks(オランダ)と15年ぶりの再会!!
第13回日本免疫毒性学会(倉敷)への招待講演で来日
当時はオランダ国立医薬研究所で免疫学的研究をしていたが、現在はTNO Quality of Life Product manager Experimental Immunologyの肩書で、EUの国際保健機構のリーダーとして活躍中とのこと。種々の国際会議で切磋琢磨した頃が懐かしい!

京都・祇園茶屋にて

第16回日本微量元素学会(京都)招待講演のAnke教授(ドイツ)を交えて 
(京都・祇園茶屋にて)
左より政岡俊夫先生(麻布大学学長)、木村修一先生(東北大農名誉教授)、糸川嘉則先生(京大医名誉教授、仁愛大学学長)、Anke教授(ドイツ)、荒川泰昭(理事長)、冨田寛先生(日大医名誉教授・初代理事長)

日本微量元素学会(福井)

日本微量元素学会(福井)

第18回 日本微量元素学会(福井)
左より糸川嘉則大会会長(京大医名誉教授、仁愛大学長)、荒川泰昭理事長、佐野晴洋 滋賀医大元学長、田中久 京都薬大元学長 
左より岡田晃 金沢大学元学長、糸川嘉則大会会長(京大医名誉教授、仁愛大学長)、荒川泰昭理事長、佐野晴洋 滋賀医科大元学長、田中久 京都薬大元学長 

第19回日本微量元素学会(東京)

第19回日本微量元素学会(東京)

第19回 日本微量元素学会(東京)
左より糸川嘉則(京大医名誉教授)、野見山一生(自治医大名誉教授・第2代目理事長)、荒川泰昭(理事長)、野見山一生夫人、児玉浩子(帝京大医教授)、後列:野見山賞受賞者

jtnrs

第25回 日本微量栄養素学会(京都) 招待講演の先生方と 
(京都・祇園茶屋にて) 
前列左より 牧栄二(食品農医薬品安全評価センター専務理事)、京舞妓、荒川泰昭会頭、林裕造(日本健康栄養食品協会理事長)、後列左より 日本クリニック(株)社員:松田芳和、井隼正富(次期社長)、糸川嘉則(京大医名誉教授、仁愛女子大学学長)、小嶋亨子社長、吉田宗弘会長、橘川俊明(日本健康栄養食品協会・特保食品部長)

第17回日本微量元素学会(静岡)

第17回 日本微量元素学会(静岡) 理事会メンバー 
(静岡・浮月楼:徳川慶喜屋敷跡にて)
前列左より、冨田寛(日大医名誉教授)、不破敬一郎(東大理名誉教授)、荒川泰昭(理事長、会長)、糸川嘉則(京大医名誉教授)、二島太一郎(監事)、木村修一(東北大農名誉教授)、高美茂夫(浜理薬品会長)、
中列左より、鈴木和夫(千葉大薬教授)、児玉浩子(帝京大医教授)、石川弘(日大医助教授)、高木洋治(阪大医教授)、倉澤隆平(病院顧問)、
後列左より、千葉百子(順天堂大医助教授)、雨宮次生(長崎大医教授)、荒川泰行(日大医付属病院長)、来客、池澤善郎(横浜市大医教授)、来客、武田厚司(静岡県大助教授)

第18回日本微量元素学会(福井)2007年7月

第18回 日本微量元素学会(福井) 理事会メンバー 
(あわら市温泉・芦原の宿・八木にて)
前列右より、冨田寛(日大医名誉教授)、佐野晴洋(京大医、滋賀医科大学長)、糸川嘉則(京大医、仁愛大学長)、荒川泰昭(日本微量元素学会理事長)、来客、木村修一(東北大農名誉教授)、後列右より、鈴木和夫(千葉大薬教授)、木村美恵子(京大医、タケダリサーチセンター長)、荒川泰行(日大医、付属病院長)、青木継稔(東邦大医、学長)、高木洋治(阪大医教授)、児玉浩子(帝京大医教授)、千葉百子(順天堂大医、日本福祉大教授)、木村逸郎(京大工名誉教授、原子力安全・技術システム研究所所長)。 

日本微量元素学会(東京)

第23回 日本微量元素学会(東京)会長招宴 
(東京デズニーランド・ホテルミラコスタにて)
前列左より、荒川泰行(日大医、付属病院長)、荒川泰昭(前理事長)、冨田寛(日大医名誉教授)、木村美恵子(京大医、タケダリサーチセンター長)、木村修一(東北大農名誉教授)、二島太一郎(監事)、青木継稔(東邦大医、学長)、千葉百子(順天堂大医、日本福祉大教授)、中列左より、2人目:駒井三千夫(東北大農教授)、5人目:森山光彦(大会長:日大医教授)、池田稔(日大医教授)、吉田宗弘(関西大工教授)、児玉浩子(帝京大医教授)、横井克彦(聖徳大教授)、後列左より、4人目:原口紘炁(名大理教授)、9人目:柳澤裕之(慈恵医大教授)。

国際会議(マレーシア)

日本・東京大学ー1

国際会議

国際会議

中国全土からの参加で、テレビ中継が連日入る。
特別招待講演:現地到着後の講演2日前より、通訳者の依頼により講演内容を英語で書かされ、事前に中国語への翻訳に協力させられ、英語講演を中国語に時間差通訳するため、1時間の講演が倍近くの時間を要した。

学会主催

学会主催

学会主催

第8回近畿亜鉛栄養治療研究会

第8回亜鉛栄養治療研究会・懇親会において

PageTop