大失敗! オルトラン粒剤の過剰散布で空気汚染 −オルトラン(アセフェート)およびその分解物メタミドホスの毒性評価ー|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座
季節の話題

「生命と微量元素」講座

大失敗! オルトラン(アセフェート)粒剤の過剰散布で空気汚染
気温35度前後が続く厳暑の夏、庭木の根元の土中にオルトラン粒剤DXを過剰散布(1本あたり木の根元の周囲5〜6か所の土中に1握りづつ散布)したためか、その気化物質が2〜3週間にわたり家屋内へ流入し(室内強制換気システムのため)、室内空気汚染を引き起こした。家族に頭痛(絞圧痛)、感覚緩慢、倦怠、脱力、不穏、眼圧痛、気管支異常、咳、痰、咽頭異常(ひりひり痛む)など気道分泌の亢進、気管支の収縮、呼吸器系粘膜の過敏、炎症の症状が続いたが、台風18号の大雨により大分軽減した。
▼ オルトラン(アセフェート)およびその分解物メタミドホスの毒性評価

オルトラン(アセフェート)とその分解物(メタミドホス)

オルトラン(アセフェート)とその分解物(メタミドホス)

オルトラン(アセフェート)とその分解物(メタミドホス)

オルトラン(アセフェート)とその分解物(メタミドホス)

PageTop