オリーブ:連日の高温ストレスで葉をふるう|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

オリーブ:連日の高温ストレスで葉をふるう 

高温ストレス適応のための自己再生・治癒・防衛機構か 2014年8月〜

▼ オリーブ(橄欖、英: Olive、学名:Olea europaea)は、モクセイ科の常緑樹

品種名:one seven seven、原産地:イタリア、果実の大きさ:小・中、特徴:小型、低成長で生垣向き、早い結実、高収穫、オイル高含有   ワンセブンセブンは、早生品種で果実は2.5cm大、萌芽性が高く成長は遅め、実つきはよい優れた品種で、延びきりの葉は大きく立派。銀葉の美しい 希少品種。

▼ オリーブも連日35度以上の高温ストレスにより葉をふるう
オリーブも連日35度以上の高温ストレスにより葉をふるう。葉の再生は適応のための自己再生機能、自己治癒機能、自己防衛機能による代償作用か?

オリーブの高温ストレスによる葉ふるい現象

オリーブの高温ストレスによる葉ふるい現象

葉の再生

PageTop