佐々木源氏の仇敵・織田信長の菩提寺・大徳寺・総見院(京都)を訪ねて|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座
寄り道・散歩

「生命と微量元素」講座

佐々木源氏の仇敵・織田信長の菩提寺・大徳寺・総見院(京都)を訪ねて
学会&講演出張の帰途、出発前の時間を利用して、京都在住の高校同窓・木山克明君のドライブ兼案内で、織田信長の菩提寺・大徳寺・総見院(京都)を訪ねる。2015年4月11日

大徳寺周辺地図

大徳寺山内図

大徳寺由緒

総見院は、京都市北区紫野大徳寺町にあり、大徳寺の22塔頭寺院の一つである。天正11年(1583年)、信長の一周忌に、豊臣秀吉が創建した織田信長の菩提寺。開祖は安土・桃山時代の名僧で、千利休参禅の師として知られる古渓宗陳和尚。

正門・親子土塀

正門

総見院・信長公廟所

      正門・親子土塀
二重構造になっている「親子塀」。天正11年(1583年)、秀吉が創建した当時のまま現存
         正門
天正11年(1583年)、秀吉が創建した当時のまま現存
総見院・信長公廟所

侘助

侘助椿(日本最古の胡蝶侘助)

侘助立札

侘助(わびすけ)
侘助椿(日本最古の胡蝶侘助)
侘助立札

照苑塔

朝鮮石・掘り抜き井戸

鐘・鐘楼

照苑塔
    朝鮮石・掘り抜き井戸
加藤清正が朝鮮より持ち帰った朝鮮石を彫り抜いて作った井筒
        鐘・鐘楼
創建当時のもの(重文)。鐘の銘文は古渓宗陳和尚の作

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所
織田信長の墓

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

織田信長一族の墓所

PageTop