先祖の足跡を訪ねて −18代目磯右衛門(曾祖父):明治維新の官命により益田姓を名乗る−|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座
関連記載

「生命と微量元素」講座

18代目・磯右衛門(曾祖父):明治維新により益田姓を名乗る
▼ 高重:元禄15年 別称として屋号を用いる
わが家系では、元禄15年、13代目高重自らは別称として屋号を益田屋と称し、高重の3人の息子:嫡子・半左衛門、二男・長左衛門、三男・徳右衛門にそれぞれに林屋、佐々木屋、亀井屋の屋号を与え別家させたが、明治維新における屋号廃止令のため、高重より第5代目の18代目磯右衛門(曾祖父)は、高重より引き継いだ屋号・益田屋を廃し、益田屋の「屋」を取って益田姓を名乗る。
■ 屋号、家号(やごう)とは
屋号、家号(やごう)とは、江戸時代に、一門・一家の特徴を基に家に付けられた称号のことである。日本、ヨーロッパにおいて主に使用された。姓を持つ士族の家系にも使われ、一家族、一族の系統を示すものとしても用いられた。ヨーロッパではder Geschäftsnameという。ドイツ語圏においては、"Zum Goldenen Schwan"(金の白鳥亭)や "Weisser Hirsch"(白い鹿亭)といったものが多い。

明治維新により益田姓を名乗る

明治維新により益田姓を名乗る

明治維新により益田姓を名乗る

▼ 18代目磯右衛門(曾祖父):明治維新により益田姓を名乗る
明治維新後、官命により13代目高重より引き継いだ屋号(益田屋)を廃し、名字を益田と称す。
嘉永3年生、明治37年9月1日卒(光顔院釋照淳心位居士)(享年55歳)

明治維新により益田姓を名乗る

明治維新により益田姓を名乗る

明治維新により益田姓を名乗る

■ 「平民苗字必称義務令」における屋号使用禁止令
江戸時代、苗字を公(六年に一度編纂される宗門人別改帳=今日の戸籍や年貢納付などの公文書)に名乗れるのは「苗字御免」「苗字帯刀御免」の人だけであったが、明治維新により政府は平民に苗字の使用を許し、明治3年9月19日に「平民苗字許可令」、その翌年に「姓戸(セイシ)不称令」、そして明治5年には明治初の近代的戸籍である【壬申戸籍:じんこんこせき】を作った。しかし、課税敬遠等で実行が徹底されなかったため、明治8年2月13日に「平民苗字必称義務令」を罰則付きで発令している。この時、屋号をそのまま名字に使うことが禁止された。江戸時代の宗門人別改帳や壬申戸籍の原簿は、村を仕切っていた有力者や神社、お寺で管理されて作られており、お寺の寄進帳(寄付者の名簿)や過去帳(檀家が代々記してある)などで名字を調べることが出来る。
また、本姓は江戸時代においてほとんど使われておらず、武家の場合、源、平、藤原、橘などの氏族の本姓(ほんせい)を名字(なあざな)とすることはなかった。(しかし、一部の当該家系とは無縁の者が勝手に使用したという勇気ある事例もあるという)

PageTop