運転免許更新・高齢者講習|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

運転免許更新・高齢者講習

後期高齢者と一緒に認知機能検査を受ける  2017年6月29日

▼ 高齢者講習の概要

運転免許・高齢者講習

▼ 認知機能検査

運転免許・高齢者講習

運転免許・高齢者講習

運転免許・高齢者講習

運転免許・高齢者講習

運転免許・高齢者講習

ドライビングスクール・コース
ロビー

運転免許・高齢者講習

運転免許・高齢者講習

VIP ルーム
金田正一氏(元プロ野球選手)と一緒に受講
■ 視覚機能検査
<静止視力と動体視力>
「静止視力」はメガネ活用で解消できる。一方、「動体視力」は迅速な水晶体の調整を必要とするため、その矯正が難しく、年齢と共に急速に低下する。
<夜間視力>
年齢と共に、透過光量の減少や視細胞の減少から夜間視力が低下する。
<明度の差>
年齢と共に、光を感じる能力や環境における明度の差を判別する能力が低下する。
<順応と眩惑>
順応には、明るい所から暗い所への「暗順応」や暗い所から明るい所への「明順応」があるが、年齢と共に「暗順応」にかかる時間が長くなる。また、眩しさによる「眩惑」からの回復時間が年齢と共に長くなる。
■ 判断・操作の敏捷性および正確性の検査
<反応時間と正確さ>
年齢と共に、ブレーキを踏むまでの「反応時間」が長くなる。また、情報をキャッチし、判断し、操作するまでの「選択反応時間」が長くなり、「操作の正確さ」も低下する。
■ 実車指導

PageTop