コロナ感染対応にみる政府の智愚の差−浅短鈍智なる愚策が招く国民の疲弊や平和破壊とその責任−|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

コロナ感染対応にみる政府の智愚の差

Dealing with virus infections exposes the profound difference between
the wisdom of the government

浅短鈍智なる愚策が招く国民の疲弊や平和破壊とその責任  3月15日〜4月5日

「人の移動」に対するザル対応、手遅れ対応、そして後手後手の取り繕いなど、初期における政府の愚策が、ウイルスを広く蔓延させ、国民に無駄な混乱と負担(労力、時間、費用、精神、社会構成)を強い、国民の疲弊と平和の破壊を招く。その責任は、歴史的にも極めて重大である。(2020年4月5日)
▼ 各国における新規(日割り)感染者数の推移  2020.3.15〜4.05

各国における新規(日割り)感染者数

▼ 日本における新規(日割り)感染者数の推移  2020.3.15〜4.05

日本における感染者数の推移

5日毎に2倍、4倍、8倍と2の二乗で増大している! クラスターが増大し爆発の兆候あり
安倍内閣は初期対応(感染拡大阻止)の策を間違えて来た

Abe's government has made a mistake in its policies to block the infection spread (outbreak)
「人の移動」に関する制限措置が遅すぎる(既に手遅れである)! どうした 安倍内閣?
Restrictive measures on "the movement of people" are too late ! 
What's the matter, Abe's Government ? (2020.4.5)
▼ 各国における死亡者数(累計)の推移  2020.3.15〜4.05

各国における死亡者数(累計)の推移

ザル対応ウイルス弥漫(びまん)国疲弊 (参考:WHO公表値)

PageTop