懐かしい戸上神社の秋季例大祭(門司・大里)|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

懐かしい戸上神社の秋季例大祭

懐かしい戸上神社の秋季例大祭(門司・大里)

■ 戸上神社
御祭神:(主祭三柱)天御中主神、伊邪那岐神、伊邪那美神 (合祀十七柱)奥津日子神、奥津比売神、須佐之男神、大山祇神、大穴牟遅神、少名比古那神、豊日別命、宇迦之御魂神、保食神、高淤加美神、高淤加美命、闇淤加美命、罔象女神、建御名方神、猿田彦神、安徳天皇、平宗盛

戸上神社

境内案内 神社HPより
戸上神社(とのえじんじゃ)は、北九州市門司区の最高峰・戸上山(海抜521m)の山頂に「上宮」、麓に「本宮」が鎮座し、同一祭神を奉祀している1100年余りの歴史を持つ緑に囲まれた神社であり、幼少の頃より、毎年新年の初詣に行っていた氏神神社である。

神社の御由緒では、宇多天皇の寛平年間(889〜898年)、約1100余年の昔、宇多天皇の御勅旨により、鎮西の霊峰・戸上山上に天御中主神(あめのみなかぬしのかみ)、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)、伊邪那美神(いざなみのかみ)の三柱の大神を奉祀したことに始まると伝えている。奉祀の際、御霊代(みたましろ)を枝折戸(しおりど)に奉戴して山上に奉安したことから、山の名を戸上と号し、神社を戸上神社と称するようになったという。また、寛平元年(898年)、馬寄村の漁夫の網にかかった御神像を枝折戸に奉載して山上に奉ったことから戸上神社となり、山名を戸上山と称するようになったという説も伝わっている。
他に合祀されている十七柱は、奥津日子神、奥津比売神、須佐之男神、大山祇神、大穴牟遅神、少名比古那神、豊日別命、宇迦之御魂神、保食神、高淤加美神、高淤加美命、闇淤加美命、罔象女神、建御名方神、猿田彦神、安徳天皇、平宗盛である。

神仏習合の名残で、境内には戸上神社の隣に「満隆寺(まんりゅうじ)」というお寺がある。このお寺は平安初期、空海(弘法大師)が戸上山に霊感を感じ創建したと伝えられている。縁起書によれば、平城天皇の大同元年(西暦806年)、弘法大師が唐より帰朝の折、関門海峡を通過中、船中より戸上山を仰ぎ、霊感を感じ、当地に下船して、この霊峰に登り密法を修め、山麓に一宇を建立し、随身供養の観音像を安置されたのが起源であるという。
境内には大師堂大日如来像、小笠原忠真公奉納の十二神将などがある。

江戸時代には、小倉藩主の細川家小笠原家、筑後久留米藩主の有馬家など、近世歴代の藩主の崇敬は篤く、国家安穏、天下太平、五穀豊穣と江戸参勤上下の節は海陸交通の安全、武運長久を祈願し、御神徳に感謝し、数々の寄進をしている。また藩主のみならず庶民の崇敬も著しく、古来より大里町民は戸上権現様と称し、海陸交通安全、商売繁盛、家内安全を祈願し、御神徳に感謝し崇敬も篤い。
■ 戸上神社・秋季例大祭
秋季大祭では、まず10月5日に山頂の「上宮」からの神迎えの神事(お降り)が行われ、麓の「本宮」でのお祭りが終わると、神璽が「上宮」にお還りになる(お昇り)神事が行われる。秋季大祭の最終日の10月23日朝10時、本宮を出発した山神輿は1時間程かけて山頂に着き、「上宮」にお還しされる。そして、神璽をお包みしていた真榊を参拝者全員で分かち合う。この榊頒(さかきわけ)の神事は、昔から神を遠方より訪れる客(まれびと)として迎え、樹木の枝を切り、それを「神のよりしろ」として、樹木の枝を折り生やすことによって、霊魂の分裂増殖を信じ、守護霊としての祝福を得ようと祈る当神社の特例神事である。すなわち、真榊を得ることによって新たな生命力を宿し、これを生活の活力として明日への躍動に繋げようと信仰する。
また以前は、秋季大祭2日目の21日午後4時ごろには、5基の神輿が大里松原の海岸に勢揃いし、お祓いをする。そして、お祓いの後は、昔ながらの装束を身に纏った武者が乗馬して現われ、勇壮な流鏑馬が行なわれていた。しかし、黒山の観衆を湧かせていたこの流鏑馬も今は行なわれていない。
<中学同窓・松崎泰士君撮影>

戸上神社・秋季大祭

戸上神社・秋季大祭

戸上神社・秋季大祭

戸上神社 

戸上神社・秋季大祭

久留米藩主有馬公寄進の大鳥居
2010.11.26 13.00〜撮影

戸上神社・秋季大祭

戸の上神社由緒書き

戸上神社 

戸上神社 

懐かしい戸上神社の秋季例大祭(門司・大里)

戸上神社秋季大祭  神輿
2015.10.17 16.00〜撮影
▼ 門司・大里臨海倉庫エリアから見た戸上山
<中学同窓・松崎泰士君撮影>

大里臨海エリアから見た戸上山

門司・大里臨海倉庫エリアから見た霊峰・戸上山
2014.2.14 11.05〜撮影

PageTop