感染の緊要「蟻の一穴」の理 −ザル対応ウイルス弥漫(びまん)国疲弊−|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

感染の緊要「蟻の一穴」の理

The urgent importance of infection is the reason of
"hole of the ant is a tear of the world”
■ 浅短鈍智なる愚策が国民の混乱と負担を招く

ザル対応ウイルス弥漫(びまん)国疲弊  2020年3月25日

「人の移動」に対するザル対応、手遅れ対応、そして後手後手の取り繕いなど、初期における政府の愚策が、ウイルスを広く蔓延させ、国民に無駄な混乱と負担(労力、時間、費用、精神、社会構成)を強い、国民の疲弊と平和の破壊を招く。(2020年3月25日)
▼ 各国における新規(日割り)感染者数の推移  2020年3月27日

各国における新規(日割り)感染者数

▼ 日本における新規(日割り)感染者数の推移  2020年3月27日

日本における新規(日割り)感染者数

浅短鈍智なる愚策(ザル対応、手遅れ対応、そして後手後手の取り繕い)が招いた国民への迷惑
▼ 各国における死亡者数(累計)の推移  2020年3月27日

各国における死亡者数(累計)の推移

以上、参考:WHO公表値ああ
ザル対応ウイルス弥漫(びまん)国疲弊

PageTop