中国武漢発生・新型コロナウイルスの初期拡散 −感染の緊要「蟻の一穴」の理−|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

中国武漢発生・新型コロナウイルスの初期拡散

Initial spread of the new coronavirus broken out in Wuhan, China

感染の緊要「蟻の一穴」の理  2020年1月20日

The urgent importance of infection is the reason of
"hole of the ant is a tear of the world”
新年早々、国際会議の特別招待講演で訪れた中国・武漢で、新型コロナウイルスが発生したとのニュースが入った。この不穏なニュースに接した時、2009年の新型インフルエンザ(パンデミック2009)が脳裏を過り、思わず「感染の緊要“蟻の一穴”の理」と懸念の拙句を口走っていた。ウイルス感染においては、この時期での「迅速な対応」が最も重要で、「蟻の一穴天下の破れ」(ほんの僅かな油断や軽視が、大きな失敗や損害さらには国家の乱れを引き起こす)の思いであった。感染の拡大は「人の移動」が全てであり、その防止には「初期対応」が全てである。しかも、感染災害の大小は、「リーダーの智愚の差」に依存する。(2020年1月20日)
■ 中国武漢にて新型コロナウイルス発生
▼ 初期拡散  2020.1.20

中国発生のコロナウイルス感染拡大

中国武漢発生・新型コロナウイルスの初期拡散

初期対応:衛生公衆衛生学的センス&リスク感覚が要求される!

発生初期の経過をたどると、1)当初、1月2日までに中国武漢で発生した新型コロナウイルス感染症患者は41例と発表されたが、1月18日に4例、1月19日に17例、1月20日に136例の新規症例が報告され、計198例となった。2)タイでは61歳の男性が武漢への旅行で感染し、1月5日に発症、12日に診断され、また1月17日に2例目の感染者が出た。3)日本国内では、神奈川県の30代男性が中国・武漢で1月3日に発熱、1月6日に帰国、1月10日に発症が診断され入院、1月16日に報告された。4)武漢以外の中国では、広東省において、12月29日から武漢へ渡航、1月3日に発症し、1月4日に深セン市に移動した66歳男性が1月20日に感染症と診断された。また、北京市でも武漢への渡航歴がある2名が1月20日に新型コロナウイルス感染症と診断された。5)韓国でも武漢に渡航歴のある中国人女性が輸入例として報告された。6)この時点では、日本、タイ、韓国での合計4例の輸入例と中国国内の武漢以外の地域での3例に、武漢で発生した計198例を合わせて、現在205例の感染者が報告されているが、全ての症例が武漢市で感染していると考えられ、武漢市以外の場所での感染事例はないとされている。この時点では、武漢での感染計198例の内、死亡は3例である。

折しも、中国の旧正月(春節)休暇(2020年1月24日〜30日)が近づく中、数百万人という中国から日本への大量移動が実行された場合、取返しのつかない深刻な感染拡大が懸念される。とくに、今後の対応の優劣によっては、1人が多人数に感染を広げるウイルス保有者(スーパースプレッダーsuper-spreader)の存在や集団から次の集団への感染連鎖を引き起こす感染者集団(クラスターcluster)の存在による感染拡大が想定されるだけに、国民に迷惑をかけ、苦しめることのないよう行政の判断能力のレベルが試される。愚策による大量殺人の如き最悪な事態を招かぬよう祈る!
▼ 発生初期の感染状況  2020.1.26

中国発生のコロナウイルス感染拡大

中国武漢発生・新型コロナウイルスの初期感染状況 2020.1.26 (WHO報告より)

発生初期の感染状況

発生初期の感染状況

以上、参考:WHO公表値あああ
▼ 発生初期の感染状況  2020.1.29

発生初期の感染状況

中国武漢発生・新型コロナウイルスの初期感染状況 2020.1.29 (WHO報告より)

PageTop