検査抑制の罪過と責任 −検査・隔離体制と治療体制の整備・拡充は両立に確立すべし!−|「生命と微量元素」講座<荒川泰昭>

「生命と微量元素」講座

検査抑制の罪過と責任

検査隔離体制と治療体制の整備拡充は両立に確立すべし!  2020年6月21日

The blame for the suppression of inspection
■ 政府が、緊急に取り組むべき最優先の対策は、感染の拡大防止のための検査と隔離施設ならびに治療のための感染症治療施設の整備拡充を両立させて確立することである。
To establish both the expansion of inspection and isolation facilities to prevent
the spread of infection and the development and expansion of infectious disease
facilities for treatment should be the most urgent and highest priority measures for Government.
▼ 検査抑制の罪過と責任
PCR(ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction)検査の必要性は、2009年の新型インフルエンザ(パンデミック2009)の流行時の反省点として、PCR検査体制の強化危機管理の専門体制強化などが翌2010年の厚労省の報告書にまとめたられていたが、これらの強化は10年後の今年に至っても全く実現されておらず、今回のコロナ感染拡大の有事には全く活かされなかった。

こうした背景もあり、感染拡大が顕著化し始めた2月の時点では検査体制が全く機能しておらず、政府ならびに専門家会議は「限られたPCR検査の資源を、重症化の恐れのある方に集中させる必要がある」としてPCR検査抑制論を打ち出した。すなわち、1)新型コロナウイルスに対するPCR検査の感度、特異度、適中度が確かでなく、偽陰性、偽陽性の軽症や無症状の人を拾うことになる、2)その結果、陽性者は隔離等を強いられ、措置入院となり、病床満杯で、重症者の受け入れが不能となるなどの医療機関の混乱すなわち医療崩壊を招く、3)従って、軽症者まで徹底的に検査する大量検査は逆に弊害が多く、検査前に陽性確率の高い濃厚接触のある有症状者や肺炎例に限って検査を行う方が合理的である、などを尤もらしい言い訳にして、重症化しそうな人以外はPCR検査をさせないという軽症者無視の方策に出た。

本来、感染の拡大防止には検査と隔離施設の拡充を、治療には感染症施設の整備拡充をそれぞれ最優先に、かつ別々に両立させて対処すべきものを、「一緒くた」にして尤もらしい理屈をつけ、言い逃れようとしたのである。このため、国民の間ならびに医療の現場で混乱が始まった。この段階では、コロナ感染の早期発見ならびに確認にPCR検査は必須であった。しかし、政府は帰国者・接触者相談センターという関所を設け、PCR検査を望む患者や医師からの要請をブロックした。一刻も早いPCR検査を望む患者や医師と、できるだけ検査をさせまいとする政府や専門家会議。そのギャップは余りに大きく、国民に大きな疑問と不信感を与えた。PCR検査を受けられない軽症者はもちろんのこと、感染の自覚がない無症状のウイルス保有者が家庭内だけでなく、社会においても無防備に横行する事態を招き、感染を拡大させていった。

感染拡大の防止には、感染者を早い段階で特定して隔離することが緊要であるが、政府ならびに専門家会議はこれを軽視したため、この段階で以後に取返しのつかない深刻なる事態を招く大失策を侵すことになった。すなわち、感染初期における「人の移動」に対する先見なき対応とも重なり、日本全土にウイルスを蔓延させ、その後始末に国民を翻弄させ、疲弊させる結果をもたらした。

上述の如く、感染の拡大防止には検査と隔離施設の拡充を、治療には感染症施設の整備拡充をそれぞれ最優先に、別々に両立させて対処すべきことは当たり前の理であるが、後発の感染拡大に対応できるだけの体制は未だ確立されておらず、6か月もの月日を経た今になって、やっと医療施設の確保ならびにPCR検査体制の強化の重要性に気づき、臆面もなく後手後手の対応を取り始めている有様である。再た再た実効性が無い口先だけで終わらなければよいが、その間にPCR検査を望みながらも、あるいは受けられずに手遅れで死亡した方々などに対して如何なる責任を取れるのであろうか。6か月もの間の無策、かつ検査抑制の罪過と責任が問われる。
■ 日本における感染者数の推移  2020.3.15〜6.21

日本における感染者数の推移

■ 日本における死亡者数の推移  2020.3.15〜6.21

日本における死亡者数の推移

■ 東京における感染者数の推移  2020.3.15〜6.21

東京における感染者数の推移

■ 東京における死亡者数の推移  2020.3.15〜6.21

東京における死亡者数の推移

■ 各国における死亡者数の推移
▼ 超死亡高値国にみる新規死亡者数(日別)の推移  2020.3.15〜6.21

検査抑制の罪過と責任

▼ 死亡高値国にみる新規死亡者数(日別)の推移  2020.3.15〜6.21

検査抑制の罪過と責任

▼ 死亡低値国にみる新規死亡者数(日別)の推移  2020.3.15〜6.21

検査抑制の罪過と責任

優れたリーダーを持つ国では感染拡大への初期対応が早く、迅速・短期・集中の理にかなった阻止対応(封じ込め)により、感染者数や死亡者数の値が低く、大半はすでに新規死亡者ゼロを維持。
▼ 死亡低値国にみる死亡者数(累計)の推移  2020.3.15〜6.21

検査抑制の罪過と責任

以上、参考:WHO公表値あああ
■ 日本の死者発生は、米国と同じパターンで、未だに増加し続けている。東アジア・西太平洋諸国中最悪であるこの現状を何故公表しないのか!
「素早い初期対応」と「迅速・短期・集中」の理にかなった「検査と隔離」を徹底した韓国、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランドなどの東アジア・西太平洋諸国では、現在ほとんど死者は出ていないのに対し、日本では未だに死者数が増えており、現時点で死者総数は950人を超える勢いである。
日本の死者発生状況が東アジア・西太平洋諸国中最悪であることを何故公表しないのか!
■ 死者発生においては、個の存在と尊厳を敬意をもって重視すべし!
死者発生においては、その事実の重要性を数の観点からではなく、むしろ
個の存在と尊厳に重きを置いた観点から敬意をもって論ずるべきである!
The gravity of facts in the death occurrence should be discussed with respect
from the perspective of an emphasis on the existence and dignity of individuals
rather than from the viewpoint of number !

PageTop